iPhone7sの長押しで分かること

iPhone7sではアプリで長押しすることでさまざまな機能が呼び出せます。


Safariでは画像を長押すればカメラロールに保存することができますし、カメラアプリならフォーカスのロックや連写、画像のコピーなども行えます。



このようにiPhone7sでは長押し機能が充実しているスマートフォンです。
長押しはアプリ以外に電話でも利用できます。
電話においてキーパットを立ち上げて1を長押しすれば留守番電話が再生されるなどです。また、不在着信があった際に画面に着信履歴が表示されますが、電話番号だけが表示されることが多いです。

goo ニュースの口コミ情報を掲載しています。

その場合は不在着信を長押しすることでメニューが現れて相手が登録されていれば情報が見られますし、そのまま電話をかけることも可能です。iPhone7sでは不在着信などをロック中でも表示してくれます。



その際も長押しすることで電話対応ができるようになっており、便利に使えます。

この他、スリープボタンを長押しすればメニューが立ち上がり、電源を落としたり、再起動が可能なほか、ホームボタンを長押しすればsiriが利用できます。

siriについては以前はロック中でも利用できることが多かったのですが、OSのバージョンが上がって利用できなくなっています。
また設定すればロック中の利用は却下することも可能です。